雑多になってきたな……

異史戦国伝宿業 

異史戦国伝 宿業
3DS(DL限定)/アクションハクスラ/800yen(有料DLCあり)
私的評価:ABDE

異史戦国伝宿業
「いしせんごくでん さだめ」と読む。

公式ジャンル表記は「戦国アクションRPG」。
魑魅魍魎が跋扈する中世日本で並み居る敵を斬り伏せる俯瞰型2Dアクション。
操作キャラのタイプは4種類あるのだが、デフォルトの武士以外は有料DLC。
即ち最初の800円だけでは1種しかキャラメイクできない(スペースは8スロット)。

ただ、この1種類である武士が高性能。
プレイヤーキャラのゲージはライフの他に特殊技に必要なリソースゲージが共通・
固有の2つあるのだが、武士の固有リソースはシールドのようなものになっており、
敵の攻撃を食らうとまずこちらが減り、これがなくなるとライフゲージが減っていく。
つまり武士の場合ライフゲージが2本あるも同然。しかもシールドゲージが残って
いる間はダメージを受けてもよろけない(他タイプだと被弾時によろけて操作不能、
そのまま袋叩きにされて敗北なんてことも)。この固有能力「見切り」が強い。

敵を倒すことで得られるスコアが経験値に変換されるレベルアップ、かつアイテム
装備による強化・育成システムでハック&スラッシュ(ハクスラ)要素が強い。
ステージは全部で4、フィールドは1ステージにつき5ないし6。ルート分岐要素が
ありキャラタイプ4種でストーリーはそれぞれ違うものの、引き込まれた点はない。

各ボタンの組み合わせで攻撃の連携は決まっており、操作は難しくない。
位置取りに注意して弱攻撃から仕掛けてコンボを叩き込むという基本的な流れを
押さえておき、敵が強く手こずるようなら反復プレイで装備を集めてキャラ強化と
進めていけば詰まることは少なく、アクションゲームが苦手でも遊べると思われる。
初期選択タイプの高性能な点も相まって難易度はそう高くないと思われるのだが、
中盤以降のボス戦で空中に逃げたりすることでアタックチャンスが極端に短くなる
状況に陥ることが多く、この点がアクションゲームとしての完成度を低くしている。

ゲーム難易度は4段階、最終ステージをクリアするごとに1段階ずつ上げられる。
難易度が上がったからといっても敵が強くなる、得られるアイテムが高品質になる
以外の変化はなく、パラメータの上限が広いこと以外に深みを感じる部分はない。
ワタシは武士以外のキャラも購入し一通りクリアしてはみたものの、追加キャラで
アクションが楽しめたのは「忍者」だけで「山伏」と「傾奇」は正直楽しくはなかった。
800円で楽しめるハクスラとしては及第点、追加キャラはお好みでといったところ。

あえて例えるなら、DiabloⅢ無印版を大幅にスケールダウンさせたような感覚か。
繰り返しプレイすることでキャラを育てるハクスラ要素が楽しかったことは確かで、
かつては無双シリーズもこんな感じで楽しんでいたことを思い出した。
ゲームレビューもどきとしては少し脱線してしまったが、いまのワタシがどのような
ゲームが楽しめるのかを再認識できるきっかけとなったのは確かなようだ。

相方作成バナー(ポルティ)

| COMMENT:0 | + TOP + |

魔女と勇者 

魔女と勇者
3DS(DL限定)/アクション・タワーディフェンス/400yen
私的評価:ABDE

無料体験版あり。
魔女と勇者
「勇者」を操作して、画面中央にいる「魔女(ヒロインといえばそうなるかもしれない)」に
群がってくるモンスターたちを潰していく、おそらくタワーディフェンスと呼ばれるタイプの
アクションゲーム。攻撃は体当たりで行い、ステージが進んでいくと魔女からの援護や
ハイパーモード発動といった攻撃手段も出てくる。ライフ制でゲージは勇者・魔女別々に
設けられており、モンスターに殴られることでダメージとして減少する。勇者は何度でも
復帰できる(ただし一定時間操作不能)が、魔女のライフゲージがなくなると敗北となる。

経験値やお金等すべてドロップ制、特に魔女からの援護射撃はドロップのひとつである
「血」を回収しないと発動しないので、けっこう忙しい。敵の数も多いので物量に潰される
形で魔女が倒されて敗北なんてことはザラ。ただデスペナルティは獲得経験値とお金が
半減されることだけなので、ドロップの回収さえしっかりやっていればなんとかなる。
成長要素はレベルアップによる基礎パラメータ上昇と、ショップ購入による各アビリティの
上昇のみで深みは薄い。低価格ゲーム特有の「お手軽に遊ぶ」指向なのだろうか。

購入初日はそれなりに熱くなったが、キャンペーンシナリオをクリアしてチャレンジ要素が
強くなったエクストラモードに入った途端に冷めてしまったのが正直なところ。
突き詰めていくとまだまだ楽しめる部分は出てくるかもしれないが、価格相応かと。

相方作成バナー(ポルティ)


| COMMENT:0 | + TOP + |

ソリティ馬 

ソリティ馬
3DS(DL限定)/テーブル+競馬/500yen
私的評価:CDE

無料体験版あり。
ソリティ馬
連番でトランプカードを捲っていくタイプのソリティアと騎手サイドの競馬ゲームを
ミックスしたもの。レース中何度か(レースの距離による)ソリティアの機会があり、
その結果が騎乗馬の発揮する能力に影響を及ぼす形。当然結果が悪ければ
パラメータが高い馬でも勝てないし、逆にパラメータがイマイチでもソリティアで
好成績を出せばけっこう勝てたりする。競馬をよく知らなくてもシステムのキモは
ソリティアが強く影響していて敷居が低く、それでいて乗っていた馬が引退すると
繁殖入りとなり簡単な生産も行えるようになるため、ある程度競馬を知っている
プレイヤーでもちょっとした競馬ゲームとして楽しめたりとなかなかの奥深さも。

連番というソリティアのルールさえ理解してしまえば誰にでも楽しめるゲームだが、
ソリティア自体にはカードの「引き」が強く影響するため、連番が一向に成立せず
延々と無駄なカード捲りを繰り返され良い結果に繋がらないこともある。
また他の馬たちはレースに勝つことよりもプレイヤーの騎乗馬を妨害することを
重視しているとしか思えない動きをしており、道中突然暴走してプレイヤー馬を
弾き飛ばしたり、最終コーナーで急加速して進路を塞いできたりとやりたい放題。

ゲームシステムの仕様上、やはり「運」が絡んでくるのはどうしようもない。
ともすれば理不尽とも感じる点を悪い方に捉えてしまったらキリがなく、あくまで
お手軽に楽しめるものとして見るしかないのかも。このあたりは値段相応か。
手軽さと奥深さ、双方を併せ持っているのでコストパフォーマンスは高いと思うが、
あれこれ細かく考えるタイプのプレイヤーにはイライラが先行してしまうかも。

相方作成バナー(ポルティ)

| COMMENT:0 | + TOP + |

SLICE IT! 

SLICE IT!
3DS(DL限定)/パズル/500yen
私的評価:CDE

無料体験版あり。
SLICE IT!
ひとつの図形を指定された分だけ切り分けるパズルゲーム。
切る(SLICE)動作はタッチペンで線を引く要領で、切られた図形はそれぞれ
同じ大きさ(割合)に近いほどポイント(☆評価)が高くなる。

例えばひとつの正方形に対して2回線を引いて4つの図形に切り分ける場合、
四辺の中央を通るように縦・横へと線を引けばきっちり4等分されて高評価。

ゲームの面白味は着眼点(アイディア)であることを地で行く作品。
ただ簡単ルール、単純動作であるために深みを成すのは問題量と難易度に
限られてしまうのは致し方のないところか。ちょっとした時間潰しには最適。
他に気になる点を挙げるとすれば、重ねて線を引くのがなかなか難しいこと。

相方作成バナー(ポルティ)

| COMMENT:0 | + TOP + |

ダーククエスト 

ダーククエスト ~Alliance~
PS3(DL限定)/アクション/1,500yen
私的評価:CDE

無料体験版あり。製品版はロック解除キーを購入する方式。
ダーククエスト~Alliance~
米国産「Dungeon Hunter: Alliance」の日本語版で、主にDiabloで有名なハック&
スラッシュ(ハクスラ)RPGと呼ばれるもののひとつ。以前紹介した「R.A.W」よりも
前に発表されたゲームだが、個人的に見方としてはこちらの方がデキは上位。

以下、その「R.A.W」との比較も交えつつお話していく。

まずはクラス(職業)の選択で、接近戦が得意なナイト、魔法攻撃が得意なメイジ、
弓と短剣を駆使して遠近両用の戦闘が可能なローグの三種類。実は「R.A.W」とは
名称こそ違えど内容的にはほぼ同様……繰り返すが、こちらの方が先である。

基本的に敵は集団で襲ってくるので、重装備で防御力が高いナイトでもない限り
立ち止まっての殴り合いは自殺行為(中盤以降はナイトでも袋叩きに遭うと危険)。
ローグやメイジは弓や魔法といった遠距離攻撃が中軸になるが、高速で距離を
詰めてくる敵も多いことから、常にポジショニングには気を配る必要がある。
これは裏返せば「殺られる前に殺れ」で、ほとんどの敵は殴り重視なのを考えると
接触される前に仕留めてしまえば雑魚との戦いは大方切り抜けられたりする。

この点は「R.A.W」のレビューでも触れたし、本家に近い「Diablo」でも似たような
ネックがある。つまりアクションRPGといっても攻撃は自発的にアクションできるが
防御はほぼオート。プレイヤーができる回避行動はコントローラでの移動だけで、
ガードやスウェー(回避)モーションは任意ではアクションできない。相手の動きを
見ながら移動して仕掛ける、という点だけでアクション的な要素は終わってしまい、
アクションRPGとして見ると初見殺し的なボスモンスターの挙動を把握して対策を
立てることくらいしか他には残らない。特にナイトでのボス戦は、HPの減り具合を
確認してポーション(HP全快)を飲みつつひたすら殴り合うだけのごり押し消耗戦。
ポーションが切れるまでに削り切れば勝ち、ポーションが切れたらほぼ負けと。

これを単純なわかりやすさと解釈するか、アクションとしての深みがないと烙印を
押すかはプレイヤーそれぞれ。またグラフィックそのものは精巧に描けてはいるが、
ストーリーについては良く言えば王道しかし悪く言えば平凡かつありきたりなので、
ムービーやアニメ的な要素を求めるプレイヤーとは完全に相反しているといえる。
おそらくは、海外産のハクスラ系はこの形がスタンダードなのだろうと思われる。

ハクスラのハック、つまりアイテム(装備品)収集の楽しさは上々。外観は同じでも
追加効果がランダムで生成されるので自分好みのパラメータを探すのは楽しい。
当然ながらランダマーとの戦いになるので、これが作業と感じるプレイヤーには
やはり向かない。これが楽しめるのならハクスラ系のゲームには向いているかと。
余談になるが「R.A.W」にもアイテム収集の概念はあったのだが、商人が売っている
特殊な銘々の装備の性能が普通に拾えるものを凌駕しており、マップひとつにつき
1レベルしか上がらない謎仕様も相まってハクスラの醍醐味をほぼ打ち消していた。

「R.A.W」にない特徴のひとつはオンラインでのマルチプレイ。マッチングサーバが
世界共通なので海外のプレイヤーとも遊べる。ただしコミュニケーションの方法が
ボイスチャットしかないようなので、環境があっても言葉が通じないと意思の疎通が
困難。フレンド限定で遊ぶのならば問題はないが、少なくとも筆者はオンラインでの
マッチングにおいて日本在住のプレイヤーを見たことはこれまで皆無である。

またマルチプレイはコントローラをふたつ繋ぐ形でも可能だが、画面の切り離しが
できないのでプレイヤー間の距離に制限がある。これはオンラインでも同様なので、
敵集団に追われ逃げているうちに双方が違う方向に行ってしまい移動できなくなり
それぞれボコられて敗北、なんてことも。ここがマルチプレイの一番の問題点か。
ただやられても特定位置に戻されるだけで経験値やお金が減らされることはない。
そしてリスタートも無制限かつボタンひとつでOKと、デスペナルティはないも同然。
ストレスを感じるとすれば、雑魚敵集団による袋叩きと一部ボスの理不尽攻撃か。

もうひとつ個人的な見方として、RPGと見るには少し足りない。
主人公を演じる(ロールプレイ)ための台本として、ある程度の体裁は整っているが
名前の入力は(日本語はできないようだが)可能でも、あくまで登録キャラクターを
管理するための手段にしか感じられないのは、ストーリーへの入り方がどうしても
第三者的になってしまうからではないかと思われる。あくまで操作キャラクターが
成長するタイプのアクションゲームでハクスラ要素つき、と見るのが妥当と考える。

総じて感じるのは単純なルールと単調な流れ。ごり押しされないための立ち回りは
最後まで必要で、ボス戦でもポーション切れが敗北に直結するのは最後まで同じ。
繰り返すがハクスラとしてのデキはそこそこ良い以上、このシステムが合わないと
全く楽しめないかもしれない。体験版もあるのでまずはお試しから。

相方作成バナー(ポルティ)

| COMMENT:0 | + TOP + |
| HOME | NEXT

calendar

          04« 2017/05 »06          
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

迷品短槍

Author:迷品短槍
(めいひん たんそう)

個人小説サイト
迷品collection」の出張版。

ゲーム・アニメネタ中心。
記事数がそこそこあるのは
ネトゲぶろぐの名残です。
(旧HN:がんまれい)

【Diablo Ⅲ】
Reaper of Soulsから
始めた新参者。PS3版にて
もそもそ遊んでいます。

【Wizardry】
AppleⅡ版、PC88版を経て
Family Computerからの
和製Wizを重んじる守旧派。
Renaissanceには否定的。
Onlineは無視。
Wizardry歴31年。

【Elminage】
PS2版#1からスタート。
最近えらい遅れ馳せながら、
Gothicの3DS版開始。
Myメインは魔族混血君主。
聖なる鎧が装備不可でも
ライフスティーラー二刀流で
いまはやっていけてます。

【DragonQuest】
プレイ暦は#1から#8。
ただしクリアしたのは#6まで。
派生作品はわかりません。

【Anime】
恋愛・日常ものが好きです。
CSないっす。
[年別私的Best]
2012:夏雪ランデブー
2013:ゆゆ式
2014:未確認で進行形
2015:四月は君の嘘
2016:プリンス・オブ・
 ストライド オルタナティブ

【Trickstar】
2014年サービス終了。
スマートフォン版はスルー。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク