雑多になってきたな……

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| + TOP + |

最期は看取らず 

みなさま、お久しぶりです。

昨年11月下旬、運営よりもたらされた「トリックスターサービス終了」の一報を
諸兄はどのような思いで受けていたでしょうか。

ワタシはといいますと、来るべき時が来たという見方もあれば、
よくもまあここまで続けていたものだといった見方もあります。

ただ「惜しい」「寂しい」とは、全く思っていません。
インチキランダマーによる搾取に売上・収益を依存していたのはジークレストも
ゲームポットも同様でしたし、アップデートを重ねていってもサーバの環境に
改善の兆候は一向に見られないまま、煩わしさのみ着々と増していっただけの
最早ゲームとすら呼ぶに値しない搾取スクリプトにどんな価値があるのかと。

ワタシとしましては、共に遊んでくれたユーザ諸氏への感謝の思いはありますが、
運営への謝意は皆無に等しいです。仮にお疲れさんと声をかけることはあっても、
ありがとうとは絶対に言いたくありません。欝箱とガチャを軸とする搾取ばかりの
運営を改める意志をほとんど見せず、ユーザが減少していく一方といった状況に
何か対応らしきことをしていたのでしょうか。新しいタイプ(職)を増やしたところで、
フィールドやクエストを増やしたところで、ラグや不具合の改善が遅いだけでなく
装備アイテム回りの課金搾取フローが急所を握ったままのゲームシステムでは
さして変わるはずもありません。結局残ったユーザから搾り取れるだけ搾り取る、
すでに存続させる意志など最初からなかったといっても過言ではない運営方針に
かなり早い段階から定められていたのだと思います。MMORPGをPCを利用した
現金搾取スクリプトとしか見ていなかったジークレストにとって、ユーザの減少に
歯止めがかからない(かける方法を知らない)トリックスターは単なる不良債権で、
ゲームポットへの運営譲渡はさほど驚く出来事ではありませんでした。
そしてゲームポットによる新運営も課金搾取を軸とした路線から変化は見られず、
いまとなっては「終わりの始まり」に過ぎなかったという結果論だけが残りますね。

桃たぬ暫定END――いま思えばアレが結果的に引退宣言となったわけですけど、
その頃から4年でしょうか。運営会社の変更に伴うアカウント移行処理は済ませて
いましたが、正直どのようにして楽しめば良いのかが見えなくなっていました。
当時もお話しましたけど、やはりこのスクリプトのランダマーと付き合っていくのが
イヤになったというのが最後まで拭えなかったと思います。「パワー○○」といった
系統はすでに過去の遺物のようですが、その精製失敗で心が折れたというよりも
それまで積もり積もった数々の不満がここにきて爆発したと自己分析していますが。

ワタシ自身ゲームは長いこと遊んでいますし、その中でランダマーとの付き合いは
切っても切れないものであることは重々承知しているつもりですが、トリックスターの
ランダマーに限っては悪いイメージしかないんですね。失敗判定で同じことをさせて
プレイ時間の水増しを図っているのかと邪推したくなった時点で、もうダメかなと。

アカウント・データを削除しなかったのは、それまで何年もの時間をかけ育てあげた
桃たぬ一家を消してしまうことにはさすがに躊躇いがあったから。それはゲーム上の
データというささやかなものながら、そこに自分がいたという確かな足跡でもあります。
それをボタンひとつで削除、とはちょっとできなかったわけで……未練でしょうね。
しかし続ける意思がない以上、ワタシの中でトリックスターはもう終わったのでしょう。

この期に及んでカバリア島に挨拶をするつもりはありません。
ワタシとトリックスターとの関係は終了ではなく訣別だからです。ゲームの名を騙った
搾取スクリプトが何年も存在していたことを、ワタシは忘れるつもりはありません。
ですからこのまま、ワタシはトリックスターのアプリケーションを削除します。

当プレイレポはプレイヤー視点で何も考えずに思ったことをつらつら書いていくだけ、
面白いネタも笑わせ方もよく知らないのでとにかく書き込んでいくだけの駄文でした。
が、拍手やコメントを通じて反応や感想等をいただけたり、ワタシの与り知らぬ間に
某大規模掲示板のスレッドになぜか当レポの記述の一部が丸写しされていたりと、
目を通されている方はそこそこにいらっしゃったのかと少なからず励みになりました。

この場で改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。

「トリックスターサービス終了」と同時にその舞台であったカバリア島は消えてなくなり、
桃たぬ一家も跡形も無くなります。レベルやアイテム等、築き上げたものすべてが。
ただプレイヤーの記憶の中では、カバリア島で遊んだことや話したことは残ります。
そこで何を思ったのか、考えたのかも、そしてなにより諸兄との出会いも消えません。
出会った場所は消えてなくなっても、出会った記憶は当事者間でしか消せないのです。
そしてワタシはいましばらくは、一緒にプレイした貴方のことを覚えているでしょう。

さよならは言いません。
またいつか、お逢いしましょう。

相方作リンクバナー③

スポンサーサイト
| COMMENT:0 | + TOP + |

桃たぬ暫定END 

元日0時にログアウトしてから、早いものでもう一ヶ月が経過。
あけおめかおす

あの夜以来、ワタシはログインしていません。

昨年末あたりからどうにもこのゲーム内でのあれこれが面倒になってきて、
毎日せっせと地図を集めてもサプライズスポットで出てくるモノは食材で、
仮にニケリウム関連が出てきても合成失敗とか言われてムダになりますし、
エブリデークエストをマメに消化していても新スキル実装は途絶えたまま、
仮に実装されても大して役に立たなかったりと、とにかく報われません。

どうにも時間に制限がある状況下ですから、効率厨くさい物言いですけど
結果的に時間のムダ使いなことはしたくないわけで。少し前のワタシなら
結果ではなく探し求める過程に意義というかやりがいを求めるものですが、
このゲームに対してはそれもナンセンスのように思えてきてしまいました。

前にもお話しましたけど、とかく悪い結果が出やすく思えるランダマーと
付き合うのがイヤになってきたのです。それまでせっせと時間を費やしても、
最後にランダマーで「失敗」の判定が出てしまえばすべてが水泡に帰します。
諦めずに何回もやればいずれはという心構えで行くしかないのでしょうけど、
そこまでやって得られるモノにそんな価値があるのか。時間を使うのならば
もっと他のことに使った方がはるかに有意義ではないかと考え始めた時点で、
ワタシの中でこのゲームに対するある種の区切りが付いたのかもしれません。

ところで、ゲーム内のことでひとつお話していなかった部分があります。
(o・ω・o)でんせつゆにーくりゅん?
大分前に一度だけ、伝説ユニークと呼ばれる装備類をドロップさせました。
相手がブラッド伯爵(Lv.261)であることを加味すると全体的にはそう珍しい
モノでもないとのことですけど、現段階では桃たぬ一家が唯一入手できた
伝説ユニーク装備ということで。コレを実戦投入させるのもまた楽しみの
ひとつになり得るとワタシ自身も思っていたのですが、精錬や成長合成を
施すことを考えると…そう、アイテム合成のランダマーよりも始末が悪い、
課金が絡むインチキランダマーとの戦いが待っています。対象品の性質上、
それなりではなく唯一無二的な性能が求められますから、逆確変乙合成の
修正にどれだけの金が飛んでいくのかなんて考えてしまうと楽しみよりも
搾取されるリスクの方に視点がずれていく方が自然というものでしょう。

最近のアップデートを見てみると、相変わらずの鬱箱ガチャオンパレードで
一応ペット限定箱も出たそうですけど、パラメータにはやはりランダマーが。
ペット自体は確定でも低い値に出やすいパラメータを再設定するには課金が
必要であることを考えると、これは単に搾取の軸をペットの出現率ではなく
パラメータの再設定率にずらしただけと見るのが定法です。場合によっては
\2,500のLv230ペットよりも、\450のLv180ペット(しかもスロット付き)の方が
パラメータが高い(過去のダンスフェアリーS)なんてことも考えられますから。

それでいてイメージソング第二弾とか…搾取した金をプレイ環境の改善よりも
さらなる搾取に繋げることしか運用できないジークレストの阿呆運営ぶりは、
どうやら今年も健在のようで。こんなところに金を使うのはもちろんのこと、
時間を使うのもくそばかばかしいというものです。以前はサービス終了まで
続けるともお話していましたけど、課金以外では月次イベントや覚醒関連の
アップデートしかほとんど行われていない状況下では、ゲームを続けていく
モチベーションが全く上がらないと。エピソードクエスト自体どうでもいいと
ワタシは思っているので、延々と続けられるパシリクエストを消化するのは
もう退屈を通り越して苦痛なんですよね。ソウルシードやカード識別なんて
面倒な作業でしかなく、新要素を楽しむにはそれが必要なんて言われても…。

覚醒システムへの乗り遅れをひとつの契機として、このトリックスター0とは
距離を置くことにします。とはいえ課金した分がメイン・サブ共にいくらか
残っていますし、ジークレストが払い戻しをすることなどあり得ない以上は
このまま持っていかれるのも癪に障りますからアカウント削除等はしません。

非課金装備類は…以前は引退時に「引退撒き」とか言って持っていたモノを
無差別にばらまくという光景を何度か見ましたけど、それなりに時間も金も
かけている装備たちを景気良くばらまくまでの思い切りの良さは、さすがに
ワタシは持ち合わせていません。親しいギルメンとかがいれば形見分けの
ような形で差し上げることもありそうですけど、あいにくそのギルド自体が
うちの相方との内輪ギルドですし、ご存知の方もいるでしょうけど相方も
ログインしなくなってしまったのでギルメン自体が存在しないわけですね。

さて、それでは「このblogをどうするか」ですけど。
次回から他のゲームのお話をさせていただこうかと考えております。|ω・`)ノ

昨年秋頃からMMOでないRPGでよく遊んでいるのですが、トリックスター0で
遊んでいる方にはおそらくあまり縁のないものでしょう。そのお話を中心に、
今後は自分が遊んでいるゲームの話を淡々と続けていくつもりでいます。

トリックスター0に関しては、ひとまずお終いということで。
機会があれば、またどこかでお逢いしましょう。
相方作リンクバナー③
| COMMENT:0 | + TOP + |

変われましたか 

今更このような話題を出すのが非常にナンセンスであることは承知の上で、
大変遅ればせながらも年始のご挨拶とさせていただこうと思います。

2008年末、旧屋根裏部屋(現カバログ)でマー坊という運営側の者が、
「皆さんの中に絶対に変化したところをお見せする」と宣言していたのを
覚えているでしょうか。昨年の今頃は確か運営側のスクリーンショットが
流出する事件から端を発し、その後の対応のまずさや不具合放置による
ログイン障害等が絶えない中、なお鬱箱鬱袋ガチャといった搾取要素は
てんこ盛りの課金アップデートだけは欠かすことなく行っていたために、
当時コメント書き込みが可能だった旧屋根裏部屋は連日「炎上」でしたね。

運営側は非難の絶えないコメント欄を「ガス抜き」と定義していた節があり、
批判的なコメントが増えても事実上放置していましたけど、先月終了した
「紡がれた運命」のテストが始まった頃から急に検閲を入れるようになって、
とりあえずコメントの内容は完全無視ではなく多少は意識していることを
暗示していました。そして12月に入っても相変わらず不具合は放置状態で、
さらにキャンペーン特典の未配布といった初歩的なミスまで繰り返す有様。

このような状況では非難されるのは至極当然のこと。折悪く年末の挨拶を
担当することになったマー坊としては毎度ユーザを怒らせているKY記事を
アップするわけにも行かず、とりあえずは詫びの姿勢をとったのでしょう。
しかしこの一応の「詫び」も直後に発覚した鬱袋ペットのパラメータ表記を
誤るというイージーミスにより瞬時に形骸化。変わるどころか搾取攻勢が
ますます激化していくことを暗示する内容であった…というのは結果論か。

まあ、事実そうなっているんですけどね。
前回お話したパネルde搾取ガチャもそうでしたけど、クリスマスに絡んだ
ガチャや正月向けの鬱袋までも早々と実装させただけでなく、年末年始の
各特別収入をピンポイントに狙ったとしか思えない久々のポイントアップで
搾取する気マンマン。成長合成・精錬キャンペーンまでもこのタイミングで
配しておき、極課金晶等を売り出していく姿勢はあまりに露骨と言うしか。

そして年末年始の大搾取攻勢が一段落したかと思ったら、やっぱり鬱箱。
対象レベルが上がったという表向きの理由だけで値段は高くなるばかりと、
今年も「ジークレストのトリックスター0」はインチキランダマーを軸とした
不具合放置搾取優先主義の運営方針で行くとアピールしてくれましたね。

さてさて、あの時マー坊が宣っていた「変化」とは何だったのでしょうか。
詮無きことであるのは十分承知しているつもりなんですが、あーだこーだと
文句を言いながら3年以上遊んでいたラブ化前を知る古参の端くれとしては
それなりに愛着らしきものを抱いていましたし、搾取されないように鬱箱や
ガチャを無視しながら遊ぶこともできたわけです。要は課金アップデートに
振り回されなければインチキランダマーの被害に遭うこともないわけですし、
それなりにマイペースを保つことはできたとワタシ自身は思っていました。

ところが諸兄もご存知のように課金搾取はさらにエスカレートする一方で、
ラグや不具合が絶えないプレイ環境が改善されたとは言い難い状況です。
クレームを付ければ煩わしい手続きを要求して時間を稼ぐことしかできず、
無意味なトップページのリニューアルでゲームスタートまで阻害する有様。
基本料金無料を謳うのなら各種パラメータの優劣はあれど、動作条件を
満たしていれば「普通に遊べる」ことが当然のはずが、それすらできない。

少なくともワタシはマー坊がほざいていた「変化」とは、運営側の姿勢や
プレイ環境の改善であると少しは信じたかったわけですよ。いまとなっては
ジークレストが直接的な利益に繋がらない部分に神経を使わないことには、
もうイヤと言うほど思い知った次第なんですけど。(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

トリックスター運営チーム諸君、変われましたか?

==========
【拍手返信】
>12/19 2時半頃の方
返信が遅れてしまい、申し訳ありませんでした。
試算するとたまにとんでもない金額が出てくる搾取プロジェクトですけど、
あちこちで言われているように万単位に届かないモノは少額と言い切る
連中ですから、そのへんの感覚が麻痺しているのは明らかでしょうね。
==========
相方作リンクバナー②
| COMMENT:1 | + TOP + |
▽...CommentList ≫

パネルde搾取 

先週末から始まったこのキャンペーンはさすがにドン引きというものか。

聖なる夜のプレゼント パネルdeガチャキャンペーン

簡単に言ってしまうと、レート二倍ゾーンを含む5つのガチャフィールドを
コンプリートすれば昔の鬱箱ペットや限定ペットの他にも特別イラストを
プレゼント、というかつてない壮大なスケールの搾取キャンペーンですね。
公式の雑談掲示板にも「これはひどい」と書かれるこの引かれっぷりは、
いくら搾取優先主義のジークレスト形式でも最近では群を抜いています。

コレのひどいところは、まずそれまでの発掘履歴をすべて無効化したこと。
対象となっているガチャアイテムについては全部新規というわけではなく、
以前から引き続き配置されているものもあります。このシステムの性格上
同じモノを再度狙う必要性は皆無に等しく、仮に再チャレンジするならば
さらにお金を出して一度コンプリートしたフィールドまで埋め直さなければ
なりません。それによりさらなる搾取が発生するのは言うまでもないかと。

もうひとつは、コンプリートまでに搾取されると思われるお金の試算。
いろいろな情報筋で流れているコンプまでの費用は「概ね\10,000前後」と
言われています。また現在レート二倍のゾーンがあるので、フィールドが
五ヶ所あることを考えると単純計算で\60,000という金額が出てきます。
公式の雑談掲示板にある\100,000というのは大げさかもしれませんが、
ジークレスト特有のインチキランダマーを考えるとあり得ない搾取額でも
ないように思えるのが怖いところです。なにがともあれ万単位の搾取は
確定的と見るべきで、そこまで搾取されて挑む価値があるのでしょうか。

そしてワタシの見方として、最もひどいのが特典です。
ひとつは昔の鬱箱ペット。12種類の中からひとつだけというのも十分に
ケチな話ですけど、よく見てみると同型のレベル別で最も高いタイプは
昨年のクリスマスガチャの分のみで他は低・中レベル型ばかりなのです。

二番目の日本版未実装らしいペットアイテムは、お約束の幼女型。
この時点で今回のターゲットはほぼ確定的。幼女ペットの獲得に情熱を
燃やすであろう一部ユーザから大量搾取を狙ったものであることは明白。
最近では農作物のパッケージに女の子のイラストをプリントしてみたら
売り上げが伸びたという話が流れているようですけど、こういったネタに
真っ先に食いついてくるのがジークレスト。一番お金を持っているのは
いわゆる「萌え」ネタに反応してくるタイプであるという見方があるようで、
だからこそジークレストは幼女向け声優たちと意味不明なコラボをしたり、
アキバ系だの草食系だのと脈絡のわからない宣伝文句を出すのです。
ジークレストにしてみれば一種のアイドル商法で大量搾取をするのが
理想型で、そういったサクセスストーリーを目指すあまり時に常識では
考えられないような大ポカをかますと。その典型例が昨年夏に起こした
アイドリング!!!とのコラボでやってしまった「ブルセラ特典」でしょうね。

三番目の特典はオリジナルイラスト。誰が描いたかもわからないモノに、
ボカシを入れてまでシークレットにする価値がどこにあるのでしょうか。
アイテムチケットとやらのイラストも安上がりで済ませているでしょうし。

トリックスター0に限って見てみると、ジークレストの営業戦略はなにに
置いても常に二番煎じです。先ほどお話した萌え系を狙ったエサ釣りや、
ゲーム内システムで何か言い出すと思ったら韓国版からの垂れ流しで、
自分たちのアイデアを言わせてみると他のゲームの盗用であったりとか。
自発的に何か始めたと思えば搾取キャンペーンばかりで、ゲーム自体を
良くしよう、面白くしようといった考え方はほとんど感じられません。
明らかにゲームを利用して金儲けをしようという意図がミエミエなのです。
営利事業である以上、利益の確保は運営続けていく上で至上命題では
あるのでしょうが、如何せん手管が安直かつ姑息。ユーザに納得して
お金を使ってもらうという姿勢が見られないから搾取と呼ばれるわけで。

こういうやり方がユーザどころかゲームに関係のない人からも後ろ指を
指されて世間の評判を落としていく、といった認識がないのでしょうかね。
まあジークレストにしてみれば搾取できるだけ搾取して持ち逃げといった
最終手段を「紡がれた運命」と同じく発動させれば良いのでしょうけど。

ところでこの一大搾取キャンペーンを先月末終了した「紡がれた運命」の
しわ寄せという見方もあるそうですが、ワタシの見方は少しズレています。
先ほども申し上げたように、おそらくジークレストにしてみれば何らかの
大量搾取を狙ったキャンペーンを仕掛けるのは既定事項であり、内容が
あまりにお粗末だったために「しわ寄せ」という解釈を招いたと考えます。
このキャンペーンのターゲットは幼女型キャラに反応する社会人であり、
その人たちのボーナス時期をピンポイントに狙ったものと推測しています。

ということは学生や未成年の諸氏を狙った搾取キャンペーンは年末年始、
つまりクリスマスや正月にまとめてやってくることでしょう。鬱袋とかで。
ジークレストとしてはユーザからお金を搾取するべくいろいろな甘い罠を
仕掛けてくることと思われますが、迂闊に引っかかってしまうと味を占めて
さらにエスカレートさせた搾取手段を繰り出してきます。このサイクルを
繰り返している限りジークレストのインチキランダマー依存症は変わらず、
トリックスター0は過疎化と荒廃の一途を辿るのではないでしょうか。

本日臨時メンテとかで相変わらずガチャの確率アップとか宣ってますが、
いい加減こんなインチキ文句が通用しないことを知るべきでしょう。
相方作リンクバナー①
| COMMENT:0 | + TOP + |

三種の課金特権 

諸兄もご存知のように、今週のアップデート後こんな変化がありました。
追加装備枠
ゲルマニウムプレスレットを装備した際に、なぜか元のアクセサリが
外れていない点に気づいて、装備欄を開けて確認したクチでしたけど。

まず「速度アップ装飾」というのは最初にお話したゲルマニウムブレスレット
(以降ゲルマと省略)以外は基本的に時間制限付き、つまり課金装備です。
クエストや一定レベル到達のご褒美、キャンペーン特典にも含まれている
場合がありますけどやはり時間制限付き。すごろく賞品や不具合補償等で
タイマーチャージに必要なチャージクーポンが配布されることもありますが、
課金装備であるという点は動かせないことを認識していただきたく思います。

さてこのアップデート、移動速度上昇系のアクセサリを課金で導入している
高速課金のプレイヤーや、昨年6月のイベント報酬のひとつであるゲルマを
運用しているプレイヤーにとっては歓迎材料なのでしょうか。特にゲルマを
愛用している高レベルキャラの場合、ゲルマの要求Lvが50程度なことから
パラメータの上昇が成長合成込みでもそこそこなので意義は大きそうです。

ただ裏返すと高速課金をしていない主に非課金のプレイヤー、昨年6月の
イベント以降に「トリックスター0」を始めたために一般的な入手機会がなく、
ゲルマを入手したくても高騰し続けている取引相場の前に手も足も出ない
プレイヤーにとっては完全に無縁のアップデート要素であったといえます。

むしろ「ゲルマ装備でパラメータが少し落ちる」ネックが消滅しただけでなく
「もうひとつパラメータ強化のアクセサリを装備できる」という解釈もできる
わけですから、高速課金・ゲルマ所持プレイヤーはパラメータの底上げに、
反面それらを持たないプレイヤーにとっては相対的に高速課金やゲルマを
所持しているプレイヤーとのパラメータ差が開く…という見方にもなります。

ネガティブに解釈すれば、これは「課金と非課金との格差拡大」に直結する
要素にはならないでしょうかね。ジュエリアでのゲルマの露店相場は1億や
2億ではとても買えないとんでもない価格ですから、普通に稼ぐのは困難と
言わざるを得ません。非課金の場合はクエストアイテムや装備品を集めて
少しずつ稼いでいくしかないものと思われますが、やはり億単位のゲルダを
集めるまでには非常に時間がかかるでしょう。狩り担当・掘り担当といった
手駒が揃っている状態ならば、なんとかなるかもしれませんけど…(´・ω・`)

ワタシは高速課金に手を出したことは皆無で、ゲルマについてはイベントで
入手しましたが狩りでの運用は極力避けています。狩りの時に高速課金に
横取り・横殴りされたことが幾度となくあったからでして、ゲルマ入手後は
自分が加害者側になる恐れが出てきたからですね。最近は狩場の混雑も
緩和されてきて広いフィールドを回っていて自分しかいないことがわかると
ゲルマを使っていましたが、狩り客が増えてきたら付け替えていました。
上手なプレイヤーならば高速移動中でも他のプレイヤーの障害にならない
立ち回りができるようですけど、ワタシにはまだそんなスキルはないので。

ゲルマ入手直後に体感したことなんですけど、ゲルマモードで通常速度の
プレイヤーを抜き去って狩るという行為をやってしまったことがありまして、
さすがにこれはまずいと思いました。同じ通常速度で進んでいたとすると
当然先にターゲットに達するのは相手側であり、狩り目的だったとしたら
狩るのも当然相手側。速度上昇アドバンテージでそれを覆すという行為は
言い換えればただの横取りであり、もし自分がやられたら怒るだろうなと。
それに気づいて、ここでも高速で追いかけて「申し訳ない」とお詫びをした
記憶があります。それまで被害者面して高速課金に文句をたれまくっても、
自分が加害者側になる認識は遅れているのはなんとも身勝手な話ですね。

話を戻しまして、この「速度上昇アクセサリ枠の新規追加」は現段階では
高速課金ないしゲルマを持っているプレイヤーにしか恩恵はありません。
ジークレストの思惑としてはやはり高速課金を買わせること、お試し的に
クエスト報酬やパラベンスボックス等を通して一定期間使わせることで、
その便利さを体感させ高速課金に引きずり込む…といういつもの邪推は
やはり崩せませんね。今後のアップデートでゲルマのようなアクセサリを
非課金装備で実装するのなら話は別ですが、次々と移動速度上昇系の
課金アクセサリを導入しているところを見るとその見込みはなさそうです。

ところで課金コーナー(MyShop)のアクセサリを見てみると、ジークレストは
課金特権として主に3つの要素を出しているように感じております。
ひとつは高速課金、もうひとつは所持課金、最後に土以外の属性課金
高速課金は先ほどまでお話した移動速度の上昇、所持課金は高レベルに
なると万単位もの所持補強が得られる課金アクセサリ、そして属性課金は
火や水といった特定属性値の補強が得られる課金アクセサリのことですね。

非課金装備で万単位の所持補強を得られるのはワタシの知る限り皆無…
というか、要求Lvが三桁の装備・アクセサリで、所持の成長合成が可能な
アイテム自体をワタシは知りません。成長合成用の素材はあるようですが、
対象がなければ無意味。一部鬱箱やガチャで稀に所持補強があるモノが
実装されている事例を見ると、場合によっては所持補強がアピール材料の
ひとつになり得ることをジークレスト側は一応理解しているのでしょう。

属性課金については、ラブ化によって長剣系装備の属性付加概念が消滅し、
非課金装備では原則的に短剣系への土属性付加しか行えなくなったことが
関連しているでしょうか。非課金で火・水といった土以外の属性補強武器を
入手する手段としては一応オペレーションカード系が存在しているのですが
入手条件が非常に厳しく、最終的には「陰気な箱」のランダマー次第。
また本家韓国版では要求レベルが200以上の武器もあるとのことですけど、
日本版「トリックスター0」では最大レベル190止まりかつパラメータも低め。
属性課金の優位性を崩されることを恐れての恣意的弱体化、との見方も
あながち間違ってはいないでしょう。課金重視が形骸化を招いた典型例。

結局のところ、これらの課金特権を前面に押し出してきたといった見方が
一番しっくりくる気がします。既存のアクセサリスペースには所持と属性を、
そして新規追加された「速度アップ装飾」には高速課金をそれぞれ入れる…
まさにジークレストが目指している「課金三種の神器」が成立しますからね。

==========
【拍手返信】
>12/10 2時半頃の方
以前は「そういうもの」だという認識がありまして、ダメモトで何度も
試していたものでしたが、それがイヤになってきたということです。
焼き入れはまだ多少のお手軽感があるのですが…低調な結果ばかり
見ていると、やっぱり気が滅入りますね。(´・ω・`)ショボーン
==========
相方作リンクバナー③
| COMMENT:4 | + TOP + |
▽...CommentList ≫
| HOME | NEXT

calendar

          09« 2017/10 »11          
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

迷品短槍

Author:迷品短槍
(めいひん たんそう)

個人小説サイト
迷品collection」の出張版。

ゲーム・アニメネタ中心。
記事数がそこそこあるのは
ネトゲぶろぐの名残です。
(旧HN:がんまれい)

【Diablo Ⅲ】
Reaper of Soulsから
始めた新参者。PS3版にて
もそもそ遊んでいます。

【Wizardry】
AppleⅡ版、PC88版を経て
Family Computerからの
和製Wizを重んじる守旧派。
Renaissanceには否定的。
Onlineは無視。
Wizardry歴31年。

【Elminage】
PS2版#1からスタート。
最近えらい遅れ馳せながら、
Gothicの3DS版開始。
Myメインは魔族混血君主。
聖なる鎧が装備不可でも
ライフスティーラー二刀流で
いまはやっていけてます。

【DragonQuest】
プレイ暦は#1から#8。
ただしクリアしたのは#6まで。
派生作品はわかりません。

【Anime】
恋愛・日常ものが好きです。
CSないっす。
[年別私的Best]
2012:夏雪ランデブー
2013:ゆゆ式
2014:未確認で進行形
2015:四月は君の嘘
2016:プリンス・オブ・
 ストライド オルタナティブ

【Trickstar】
2014年サービス終了。
スマートフォン版はスルー。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。