雑多になってきたな……

宿願達成レポ 

「りゅーのあたらしいおともだちをしょうかいするりゅーんヽ(´∀`)ノ」

りゅーのおともだちリストLv7

このキャプチャがなにを意味するのか不明なユーザ、またわかっていても
それを自力で成し遂げようとしているユーザ諸氏にとっては、当然ながら
今回のお話もネタバレ大爆発ですので流してください。以降は追記にて。

相方作成バナー(エルミナージュ②)

ここまで長かった…( ´-`)

出現メッセージは特に出ませんけど、エクストラダンジョンでのイベントを
一通りクリアするとエルミナージュでの「記憶された歴史」リストに追加され
試しにトライしてみたパーティの大部分は数ターンで壊滅されたであろう
新創地ウルナス・ラーデとそのお供(四賢者)の、いわゆるエクストラBOSS。

神影やライブラリアンと互角それ以上に戦えるパーティでも、この集団との
戦闘は普通にやると困難を極めるでしょう。なんといっても本体のウルナが
変幻の加護を持っていると思われるのが最大のポイント。当然のことながら
状態異常発生率は石化75、他はすべて50(首斬りドレイン含む)なので…
ちゅんちゅんちゅんぴきーん( ゚∀゚)・∵. グハッ!!
ウルナに直接殴られると大体こうなります。( ゚∀゚)・∵. グハッ!!
ちょうど特殊抵抗UP・法院保護区共に95の君主(つまりワタシ)が斬られて
ある意味格好のサンプルとなってしまいましたかね。(ノ∀`)

お供の四賢者も特定条件下で戦闘になる時よりもグレードアップしています。
[土のレイザス]メイドリカバー、首斬り耐性100、自爆、対人間系3倍打
[水のシリンス]吸いつき、対人間系5倍打、ミドルレンジ
[火のラドレス]首斬り80、速攻、連撃、ソウルトラップ、対人間系3倍打
[風のオムシス]つばめ返し、各種練金呪文(初期化有)、対人間系3倍打

モンスター図鑑によると、カウンター(つばめ返し)の発生率は68.7なので
カウンター発動率の高い侍ならば斬り合いになっても押し切れそうですが、
最高値の95でもはずす時ははずすもの。さらにこちらは一度でもスカると
変幻の加護込みの状態異常てんこ盛りで簡単に持っていかれます。
つまりカウンターで迎撃するにも最悪ワンミス即死ですから、死亡回数の
カウントが気になるプレイヤーにこの戦術はNG。無論、あちらのレベルは
1000を超えている(Lv.1162)なので闘士や忍者といった「AC自動低下」の
スキルを持たないキャラは普通に10回殴られるでしょう。(´・ω・`)ショボーン

なによりも、このウルナの物理攻撃をなんとかしなければなりません。
ダメージアップを狙ってあくまで侍に迎撃させるのもアリなんでしょうけど、
今回のプロジェクトの最終目的はあくまで打倒ではなく契約成功なので、
倒すべきはお供の四賢者だけ。ということはお供を全滅させるまで本体に
対しては手出し無用と言っても過言ではありません。如何にウルナ本体の
攻勢に耐えつつ四賢者を沈め、交渉の場に引きずり出すかが第一段階。

ここでワタシが投入したのは、以前エクストラBOSSを沈める際にも大きな
戦力となった「在りし日の四柱」に属する神影オルセス。ウルナにとっては
父と呼ぶべき存在と思われますけど、そのへんは流してください。|ω・`)

変幻の加護は神影およびエクストラBOSSのパーティには無効という
ルールがあるので、それらに属するモンスターならば変幻の加護込みの
物理攻撃はある程度耐えられることになります。クリティカルのリスクを
考えると対首斬り100な土のレイザスが適任と思われますが、実は彼は
オーラ付き(上位種)になると種族カテゴリが魔法生物ではなく盗賊に
変わるようで、なんと3倍打の対象になってしまうんですよね。ヽ(゜▽、゜)ノ
本体(3倍打)だけではなく、お供も3倍ないし5倍打を持っている以上
一斉攻撃を浴びようものなら単純にダメージ負けしてしまうので無理。

ということで、首斬り耐性98以外はオール100なオルセス様の出番と。
神影攻略の時にもお話しましたが、オルセスの特徴は6回行動からの
イムルアラティ・ゼオナダルの乱射。呪文攻撃なのでカウンター対象外、
ラミアーフで初期化してもしばらくすると呪文使用回数が加算されて、
一定割合で削られ続け消耗しきったところでとどめを刺される場合も。
スペルキャスティングを利用しています
倒すだけならば本体の攻勢に耐え、かつオルセスが倒されないことを
祈りながらダメージを入れていく戦術になります。当然カウンターが
脅威なので、直接攻撃よりも呪文攻撃の方が良いかもしれません。

ただ先ほどもお話しましたが、今回の目的はウルナ打倒ではなく契約。
お供四体を沈めて前列に出したのはまだ第一段階に過ぎないのです。

ここから第二段階。契約耐性は99ですから交渉は難航を極めます。
そんな中であちらの激烈な攻勢を堪えなければならず、さらに契約の
前段階に連撃を入れて少しでも耐性を低下させる必要があります。
しかしご存知のようにあちらはカウンター持ち。「連撃→契約交渉」の
流れを少しでもスムーズに進めるためには、ウルナ様には暫しの間
攻撃停止していただく必要があります。即ち麻痺or石化を入れると。

これがとても大変でした。ヽ(´~`;)
スペルキャスティングを利用しています
あちらの麻痺・石化抵抗は100なので、これを入れるにはやはり連撃で
耐性を落とした上で叩き込むしかありません。当然ながらカウンターで
割り込まれることが多く、連撃を数段入れるだけでも至難といえます。
そこで抵抗75(魔術師呪文抵抗は10)の睡眠呪文で一時的に止めて、
次に闘士の攻撃が入るよう調整。侍が空間の加護(ターン最速行動)を
持っているため連携自体はラクでしたが、抵抗75なのでこれもなかなか
入りづらい。魔術師呪文が使えるキャラはすべて睡眠呪文使用でした。

しかしまあ、この麻痺込み連撃が最も困難でした。(*´・ω・)(・ω・`*)ネー
不思議な波動への鍛冶練金で麻痺発生率は90以上にしたはずでしたが、
一向に入る気配は無し。この時運命のダイスは持っていなかったので
各ロールの発生状況は確認しようがありませんでしたが、これは一体?

止まったー!( ゚∀゚)o彡
後にも先にも、エクストラBOSSが麻痺で固まった瞬間はこの時だけ。
以降、契約交渉前の連撃でも幾度となく殴りましたが全く発動せず。

ひとつ仮定するなら法院保護区。エクストラBOSSも95で持っています。
連撃による耐性低下はあくまでキャラ個人のものであり、法院保護区の
耐性強化にまでは干渉されないのだろうかと。この時運命のダイスを
持っていなかったのが、解析側としては非常に悔やまれます。(´・ω・`)

あとは持久戦。オルセス様にはご帰還願い、注意すべきは操作ミスと
バッテリー切れ。ここまでこぎつけるのに数時間はかかっていますし、
また同じ状況を造り出せと言われても正直できる自信はありません

りゅーんヽ(´∀`)ノりゅーん

長かったです。すごく。とても。
ブロガーとしてはこの瞬間のキャプチャを撮れるか否かが最大のヤマでしたけど。|ω・`)
| COMMENT:2 | + TOP + |
▽...CommentList ≫
約五ヶ月後 | HOME | 分相応(?)

COMMENT

今日は久しぶりに金でお会いできて楽しかったです。
2010/03/17(水) 04:39:45 | URL | ぽこ #- [Edit]
☆ぽこさん
 こちらこそ。
 お元気そうでなによりでした。
2010/03/17(水) 15:30:02 | URL | がんまれい #aim7rSHw [Edit]

COMMENT FORM


TO SECRET
 
| HOME |

calendar

          07« 2017/08 »09          
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

迷品短槍

Author:迷品短槍
(めいひん たんそう)

個人小説サイト
迷品collection」の出張版。

ゲーム・アニメネタ中心。
記事数がそこそこあるのは
ネトゲぶろぐの名残です。
(旧HN:がんまれい)

【Diablo Ⅲ】
Reaper of Soulsから
始めた新参者。PS3版にて
もそもそ遊んでいます。

【Wizardry】
AppleⅡ版、PC88版を経て
Family Computerからの
和製Wizを重んじる守旧派。
Renaissanceには否定的。
Onlineは無視。
Wizardry歴31年。

【Elminage】
PS2版#1からスタート。
最近えらい遅れ馳せながら、
Gothicの3DS版開始。
Myメインは魔族混血君主。
聖なる鎧が装備不可でも
ライフスティーラー二刀流で
いまはやっていけてます。

【DragonQuest】
プレイ暦は#1から#8。
ただしクリアしたのは#6まで。
派生作品はわかりません。

【Anime】
恋愛・日常ものが好きです。
CSないっす。
[年別私的Best]
2012:夏雪ランデブー
2013:ゆゆ式
2014:未確認で進行形
2015:四月は君の嘘
2016:プリンス・オブ・
 ストライド オルタナティブ

【Trickstar】
2014年サービス終了。
スマートフォン版はスルー。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク