雑多になってきたな……

体験版レポ #09 

BATTLE OF TILES EX
PS3/シミュレーション

「剣と魔法」の世界で戦士や魔術師を集めた小部隊を編成して敵集団を倒す、
という流れ。部隊を構成するユニット(兵士)は敵味方いずれもタイル状の駒で
表現されており、戦闘でのタイル同士が潰し合う光景からこのタイトルなのか。

スタート時からある程度の部隊構成はできており、タイル(ユニット)を動かして
フォーメーションを組み前進、敵タイルを潰しながら資金を集め必要に応じて
敵タイルを買って(買収?)自陣に組み込みつつ前進…と、基本的には前進を
続けていく形になるのでルール自体はわかりやすいと思う。

自軍タイルは敵タイルを潰すことで経験値をもらって成長(レベルアップ)する。
逆に潰されてしまうとおそらく復活は効かないので、せっかく育てていたのを
壊されたくないのなら戦闘の負担が複数のタイルで分散されるように陣形を
組んでおく必要がある。ユニットの選定から陣形の構築までを一から細かく
決められるのが、このゲームの大きな特徴になるのだろうか。

ファンタジー系RPGじみた育成要素もあるのだが、主人公的なタイル以外は
すべて「戦士」「聖職者」「スケルトン」といった記号のような表記になっており、
キャラ育成的な楽しさを追求するにはいくらかの脳内変換が必要かも。

ルールを可能な限り簡単にしてムダを削ぎ落とし、軽快なテンポで楽しんで
もらおうというコンセプトは大いに感じる。スコアアタックやネットランキングを
導入してわかりやすい目標を提起しようとしているのではないかとも思う。
ただ、自分の場合「サクサク」と楽しく遊んでいたはずが不意に「あっさり」と
終わってしまうのではないか――といった危惧のようなものがなぜか湧いた。
おそらく体験版をプレイした限りでは、スコアアタックやステージクリア以上に
やりがいを感じられる個人的な目標のようなものを見つけ出せる自信がなく、
先ほど触れた「危惧」が「早く飽きる」ことに繋がりそうで購入を躊躇っている。
このあたりは筆者個人の問題であって、ゲームの問題では全くないのだが。

私的評価:B

相方作成バナー(りゅー三兄弟)

| COMMENT:0 | + TOP + |
R.A.W | HOME | かのやん

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 
| HOME |

calendar

          06« 2018/07 »08          
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

迷品短槍

Author:迷品短槍
(めいひん たんそう)

個人小説サイト
迷品collection」の出張版。

ゲーム・アニメネタ中心。
記事数がそこそこあるのは
ネトゲぶろぐの名残です。
(旧HN:がんまれい)

【Diablo Ⅲ】
Reaper of Soulsから
始めた新参者。PS3版にて
もそもそ遊んでいます。

【Wizardry】
AppleⅡ版、PC88版を経て
Family Computerからの
和製Wizを重んじる守旧派。
Wizardry歴は32年目。

【Elminage】
PS2版#1からスタート。
最近えらい遅れ馳せながら、
Gothicの3DS版開始。

Myメインは魔族混血君主。
聖なる鎧が装備不可でも
ライフスティーラーと
ダーククリスタルで
イヴァグ尖塔を踏破。

【DragonQuest】
プレイ暦は#1~#9まで。
ただし#7と#8は未クリア。
派生作品はわかりません。

【Anime】
恋愛・日常ものが好きです。
CSないっす。
[年別私的Best]
2012:夏雪ランデブー
2013:ゆゆ式
2014:未確認で進行形
2015:四月は君の嘘
2016:プリンス・オブ・
 ストライド オルタナティブ
2017:月がきれい
2018:ポプテピピック(暫定)

【Trickstar】
2014年サービス終了。
スマートフォン版はスルー。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク