雑多になってきたな……

DS版#6はじめました 

毎度今更ながら、ドラゴンクエストのⅥで遊び始めました。

かつてスーパーファミコンでプレイしたのですが事情で続けられなくなり、
その後ソフトを買い直してリスタートしましたがモチベーションがなくなり
クリアにすら到達しないままもうすぐオリジナル発売20周年でしょうか。

そして今回手を出したのはNintendo DS版、つまりリメイク版ですね。

クリアしていない、つまり過去二回とも途中で投げたようなものですから
知らない&覚えていない点もあるのですが、初プレイから18年経過しても
忘れていないのは早期にレベルを上げすぎると地獄を見るということ。

これは職業熟練度の関係で、各キャラクターの肩書き(村の少年とか)とは
別に戦士や魔法使いといった職業の概念が中盤に解放されるのですが、
こちらのキャラクターレベルが高すぎると戦闘勝利時に蓄積されるはずの
熟練度がカウントされなくなります。熟練度が上がらないと職業レベルが
上がらず各職業ごとの特技が習得できません。ドラゴンクエストシリーズは
この頃から呪文以外の特技(スキル)にウェートが置かれ始めた感があり、
パラメータの優劣はスキルひとつで簡単に覆せるので通常攻撃だけでは
苦しい場面が出てきます。また熟練度は頭打ちでも経験値は増えるので、
放置しているとレベルは上がっても有効なスキルがない状態で強い敵に
挑まなければならない悪循環に陥ると。リメイクに当たってこのシステムが
どのようにテコ入れされたのかはわかりませんでしたが、プレイしてみて
感じたのはやはり経験値稼ぎは後回しにしたほうが良いのではということ。

特に職業要素が解放される(ダーマの神殿が利用可能になる)、つまり
前半の山場であるレイドック王救出とムドー打倒は早めに済ませた方が
職業養成は多少スムーズになると思います。ワタシがDS版初回プレイで
就職(?)したのはレベル22だったんてすけど、地底魔城周辺で戦闘を
消化しても主人公とハッサンの職業熟練度は動かず、一時離脱していた
バーバラだけがサクサク上がる始末。この状況を予期していたかのように
スキルを習得していく彼女を後目に戦闘中両手ジャンケンばかりしている
主人公(職業:遊び人)の背中を何度も蹴りたくなりましたね。( ゚д゚)、ペッ

それでも分かれていた本体(?)を取り戻して覚醒を遂げるイベントまでは
進めたのですが、さっさと合体してライデインぶっ放して~と済ませた直後
急激にモチベーションが落ち込みました。実はスーパーファミコン版では
合体イベントなしでここのボスを倒したんですよ。マジで。(`・ω・´)
与ダメ少ない被ダメでかい状態でなんとか踏みとどまりながら、パーティの
中軸だったファーラット(バトルマスター)をフル活用して削りきりました。
当時の級友とその話題になった際にこの話をしたら「イベントで覚醒すれば
ライデイン覚えるからそれ4発で沈むよ」と言われて( ゚д゚)だった記憶が。
図らずとも18年の時を経てリメイク版でそれを実証する結果になりましたが、
果たしてそれで良かったのかなと。大きな流れのようなものに対して考える
こともなくそのまま乗っかっていたようで、楽しくない気がしたんですよね。

リメイクに当たって調整されているかもしれませんし、覚醒なしで倒すことに
こだわっているわけでもないのですが、ある種の「挑む」ことを忘れてしまい
惰性で進めてしまったので、ここはリスタートすることにしました。(´・ω・)っ

再スタートに当たって意識したのは「職業解放まで意識的な稼ぎはしない」
比較的楽な序盤の戦闘で職業熟練度を上げられると、スキル習得が早まり
戦闘が有利になるだけでなく上級職への昇格も進めやすくなります。
つまりできる限り早めにレイドック王救出からムドー撃破まで進めなければ
ならないのですが、当然ながらそう簡単にムドー君はやられてくれません。
ていうか第二段階で吹雪稲妻の2回攻撃が来ると、ミレーユとチャモロが
1ターンで沈められる恐れもあるので、やはりそれなりの地力は必要かと。

とりあえず戦闘は普通に消化しますが、経験値とお金を稼ぐ目的ではなし。
当然装備品ややくそう等の補給物資はトレジャーやドロップから賄います。
装備選択は完全に数値重視。かっこよさなんて知ったことではありません。
常に全開戦闘・全滅上等なので四桁以上のお金は即預金、装備のお古は
ひとまず持っておきいつでも換金できるようにしておきます。キャラクターを
レベルアップ以外に強化できるのは序盤では装備のアップグレードだけで、
三桁以下のお金でもデスペナルティで半分取られるのは痛いですからね。

そして余ったお金はやくそうやどくけしそうといった補給物資に回します。
ふくろに99個まで保管できるので移動中のリペアー(治療・回復)に便利で、
これで連戦でもなんとか堪えられると。安直な物量作戦でもありますが。

ただ、この方針で資金や装備・補給物資のやりくりに頭を悩まされるのは、
夢見のしずくを入手してグランマーズに実体化してもらうまでです。
難易度急低下の要因となるのはカジノの存在。景品にドラゴンシールドや
プラチナメイルといった序盤では破格の性能である装備もさることながら、
まほうのせいすい・せかいじゅのはとリカバーしづらいMPや戦闘不能からの
復活アイテムまであり、コインを稼げば99本99枚も不可能ではありません。
そして最も恐ろしいのは「きぬのタキシード」。これはコイン500枚でもらえる
装備でかっこよさが少々目立つ程度ですが、店で2625Gで売却できます。
これをまとめて交換・換金してしまえば、ゲームバランス崩壊級の資金力が
一瞬にして得られます。装備購入でお金に困ることはなくなるでしょう。

……と、ここまでやってしまうのはさすがにやり過ぎかもしれません。|ω・`)
お金に困らないことは確かに楽な話ですが、楽になると張り合いがなくなり
ゲームがつまらなくなってしまいます。ルール崩壊で楽しいのは一瞬だけで
それ以後は不毛の荒野と化したフィールドがあるのみ。張り合いがあるから
楽しい、不足があるから充足を得るために頭を使う、それが楽しいのですよ。

というわけで、カジノでコインを稼いだら装備強化とまほうのせいすいそして
せかいじゅのはをふくろに溜め込み、以降はごり押しGoGoGo。( ゚∀゚)o彡
戦闘はMP消費は厭わず毎回全開、即死食らっても即復活と前だけを見る
前傾プレイの結果レイドック王救出、そして二連戦となる第二次ムドー戦へ。

ここでの重要ポイントは以下二点。
「ほのおのツメ」の道具使用効果(呪文メラミ・ハッサン装備)
「ゲントのつえ」の道具使用効果(呪文ベホイミ・チャモロ専用)
いずれもノーコストなので、ハッサンにはダメージソースとして集中してもらい
他の三人はチャモロを中心として状態維持。ただしムドーには吹雪に稲妻と
強力な全体攻撃が二種類あり、これにルカナンを併用された上の通常攻撃を
食らったりするとミレーユとチャモロは危険。レベルがある程度高ければHPが
上がっていて持ちこたえられますが、戦闘回数を抑えているとアイテムによる
補強でもしていない限り、おそらく普通に連発されると持っていかれます。

戦闘不能にされたらせかいじゅのはで即蘇生。ハッサンの脱落は攻撃の手が
止まってしまうので最も深刻、なお「ほのおのツメ」を使うこと自体は誰にでも
できますが、普通に進めていればこの段階で最もHPが高いのはハッサンかと。
耐久力が最も高いキャラがダメージソースの中心であるべきでしょう。

そしてここで見えてくるのは、主人公の出番があまりないこと。(´・ω・`)
ルカニがあまり効かない、火力は中途半端とチャモロのフォローが関の山。
下手に攻撃に出るよりも先読みリカバーの方が有効かもしれません。|ω・`)

さて、当方がムドーを撃破してダーマの神殿を解放できたのはレベル17でした。
もちろんもっと低いレベルで持っていった方も多いことでしょう。ワタシとしては
初回よりも短縮できましたし、地底魔城周辺の戦闘でも熟練度が上がるのを
確認できたのでひとまず安心といったところ。しかしここで最も驚愕したのは、
再加入したバーバラのレベルが8だったことでした。( ゚д゚)

相方作成バナー(ポルティ)

| COMMENT:0 | + TOP + |
反動 | HOME | 体験版レポ #15

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 
| HOME |

calendar

          03« 2018/04 »05          
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

迷品短槍

Author:迷品短槍
(めいひん たんそう)

個人小説サイト
迷品collection」の出張版。

ゲーム・アニメネタ中心。
記事数がそこそこあるのは
ネトゲぶろぐの名残です。
(旧HN:がんまれい)

【Diablo Ⅲ】
Reaper of Soulsから
始めた新参者。PS3版にて
もそもそ遊んでいます。

【Wizardry】
AppleⅡ版、PC88版を経て
Family Computerからの
和製Wizを重んじる守旧派。
Wizardry歴は32年目。

【Elminage】
PS2版#1からスタート。
最近えらい遅れ馳せながら、
Gothicの3DS版開始。

Myメインは魔族混血君主。
聖なる鎧が装備不可でも
ライフスティーラーと
ダーククリスタルで
イヴァグ尖塔を踏破。

【DragonQuest】
プレイ暦は#1~#9まで。
ただし#7と#8は未クリア。
派生作品はわかりません。

【Anime】
恋愛・日常ものが好きです。
CSないっす。
[年別私的Best]
2012:夏雪ランデブー
2013:ゆゆ式
2014:未確認で進行形
2015:四月は君の嘘
2016:プリンス・オブ・
 ストライド オルタナティブ
2017:月がきれい
2018:ポプテピピック(暫定)

【Trickstar】
2014年サービス終了。
スマートフォン版はスルー。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク