雑多になってきたな……

体験版レポ #16 

CHILD of LIGHT
PS3/ファンタジーアドベンチャー

十代前半くらいの少女がホタルのような生命体と一緒にファンタジーっぽい世界を
探検するもの。公式表記がRPGとなっているのは敵との戦闘がコマンド選択形式で、
経験値等による成長要素があるからか。少女の冒険譚をロールプレイと考えるなら
そうとも思えるが、筆者の見方としては成長要素のあるアドベンチャーゲーム。

フィールドは横スクロールながら重力設定がやや特殊で、地面に立って歩く概念と
ジャンプを経て空を飛ぶ概念が並列している。主人公らしき少女は左スティックで
操作するのだが、同時に右スティックでイグニキュラスというホタルを操作でき、
少女が侵入できない閉鎖空間や特殊なギミックへのアクセスはこちらで行うようだ。

戦闘はコマンド選択式で、敵味方個別に素早さに応じて順次ターンが回ってくる。
敵モンスターと直接殴りあうのは少女とその仲間たちだが、移動時と同じくホタルも
右スティックで操作でき、敵モンスターに接触(発光)してターン周りを遅らせたり、
味方サイドで発光して少量ながら体力回復ができたりする。戦闘システムが時間制
(ただしコマンド待ち中は停止する)なのもあり少々忙しくも感じるが、一般の戦闘を
飽きさせないための工夫のように思える。新しいと感じるか煩わしいと感じるかは
それぞれだろう。またこれは少々勘繰りになるが、この戦闘システムを発案した方は
RPGにおける戦闘をあまり好意的には捉えていないように感じたのだが、果たして。

グラフィックは幻想的な絵のような描き方。少し寂しげに感じるBGMは「太陽と月と
星を奪われた」というストーリーの背景に合わせたものなのだろう。

フィールド・戦闘問わず、少女とホタルつまり左右のスティックをそれぞれ違った
目的で操作することになるものの、難しいとまでは行かず慣れが必要な程度。
ただ、同時操作のシステムはこのゲーム独自のいわゆるオリジナリティではあるが、
それはあくまでゲーム的なものだけであって、世界観に大きく引き込まれる材料とは
いささか異なると思う。先ほども触れたが、悪く言えば煩わしくしただけになる。

特に戦闘システムにおいては「日本のRPGの影響を受けた古典的な~」とのことだが、
アクセントの付け方が操作を増やしただけのようにも感じる。独創的かもしれないが、
このシステムは慣れてくると楽しさよりも煩わしさの方が先行してくるのではないか。
オキュライ(宝石類?)によるアタッチメントやスキルシステムも他作品からの模倣で、
本当の意味での斬新な要素は少ない。お嬢様っぽい身なりでバスタードソードじみた
物騒な得物を振り回す「オーロラ」と仲間たちの冒険譚、とストレートに見るべきか。

なおこの体験版、筆者は最後までプレイしてはいない。
戦闘での気遣いが多くて少し疲れたのと、中断機能が確認できず途中で止めざるを
得なかったため。おそらく製品版へのキャラ引継ぎもないものと思われる。

私的評価:B

相方作成バナー(ポルティ)

| COMMENT:0 | + TOP + |
今期アニメ私感 | HOME | はざまの世界にて

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 
| HOME |

calendar

          06« 2018/07 »08          
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

迷品短槍

Author:迷品短槍
(めいひん たんそう)

個人小説サイト
迷品collection」の出張版。

ゲーム・アニメネタ中心。
記事数がそこそこあるのは
ネトゲぶろぐの名残です。
(旧HN:がんまれい)

【Diablo Ⅲ】
Reaper of Soulsから
始めた新参者。PS3版にて
もそもそ遊んでいます。

【Wizardry】
AppleⅡ版、PC88版を経て
Family Computerからの
和製Wizを重んじる守旧派。
Wizardry歴は32年目。

【Elminage】
PS2版#1からスタート。
最近えらい遅れ馳せながら、
Gothicの3DS版開始。

Myメインは魔族混血君主。
聖なる鎧が装備不可でも
ライフスティーラーと
ダーククリスタルで
イヴァグ尖塔を踏破。

【DragonQuest】
プレイ暦は#1~#9まで。
ただし#7と#8は未クリア。
派生作品はわかりません。

【Anime】
恋愛・日常ものが好きです。
CSないっす。
[年別私的Best]
2012:夏雪ランデブー
2013:ゆゆ式
2014:未確認で進行形
2015:四月は君の嘘
2016:プリンス・オブ・
 ストライド オルタナティブ
2017:月がきれい
2018:ポプテピピック(暫定)

【Trickstar】
2014年サービス終了。
スマートフォン版はスルー。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク