雑多になってきたな……

ワタシが先に投げました 

やはり、というべきか。
膝つきポルティ(小)
ポポロクロイス物語、耐えられませんでした。

ポポロクロイス物語
全体の流れとしては、まだまだ序盤だったのではないかと思います。

下っ端っぽい兵士を二人連れて森の中に突っ込み、魔女の使い魔じみた敵と遭遇、
護衛役の兵士はごめんなさーいとか叫びながら護衛対象の王子を放置して逃亡。
結局ボスっぽいモンスターとタイマンを張り殴り倒したところで魔女に昏倒させられ、
目覚めてみると魔女の妹らしき少女が力を貸してくれる展開に。
さらには白騎士という生物なのか機械なのかパッと見では判別し辛い御仁が参加、
ガミガミ魔王とやらが統治する城下町っぽい所にたどり着いたところでストップ。

いや、今後の展開にもう楽しみがないというか。(´・ω・)=3

敵前逃亡をかました兵士二人は当然の如く王子よりも先に普通に城に帰っており、
一応詫びる姿勢は見せるものの斬首とか追放といったお咎めの類は感じられず、
何事もなかったかのように衛兵の役に戻っている有様。主君の血筋である王子を
見捨てて逃げ出す役立たずが衛兵なんて無理に決まっているだろうと。( ゚д゚)、ペッ

世界観に「優しさ・暖かさ」を思わせる雰囲気を出したい点は感じられるのですが、
城下町に襲撃して王冠を奪うという事件が起こっても死者が出なければ関係修復は
可能であると逃げ道を作っていたり、加害者側にもそれなりの優しい側面を出して
おくことで単純な勧善懲悪的な物語にしたくはないといった意図も見られました。

当然、もっと違った展開も出てくるでしょうし、こちらの浅い読み方を遥かに超えた
あっと驚くイベントが起こるのかもしれません。ただ、予定調和の香りもまた大きく
漂っているシナリオにこれ以上お付き合いすることもないかなと。(´・ω・`)

絶対にいらないと思ったのはバトルボイス。豪華な声優陣を戦闘の掛け声メインで
使っていくのはどうなのよと。赤い彗星が単に「きあいため」とか「ちょうはつ」とか、
戦闘スキルの名称だけ言うのも違和感が……「ボイス演出がRPGをダメにした」と
ワタシ自身は思っているのですが、その見方をより強くする結果と相成りました。

ワタシとは合わなかった、というのが最もわかりやすい結論でしょう。
実際、世間一般の評判は良いようですし、価値観の相違ということで収まるかと。

時間もお金も浪費してしまった形でしたが、こんな感じの企画はまだやっています。
興味があるという方は相方記事へどうぞ。当方でもいずれ関連記事を寄稿します。

相方作成バナー(ポルティ)

| COMMENT:0 | + TOP + |
やはりこれもダメでした | HOME | アニメ私感(2016-1)

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 
| HOME |

calendar

          06« 2018/07 »08          
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

迷品短槍

Author:迷品短槍
(めいひん たんそう)

個人小説サイト
迷品collection」の出張版。

ゲーム・アニメネタ中心。
記事数がそこそこあるのは
ネトゲぶろぐの名残です。
(旧HN:がんまれい)

【Diablo Ⅲ】
Reaper of Soulsから
始めた新参者。PS3版にて
もそもそ遊んでいます。

【Wizardry】
AppleⅡ版、PC88版を経て
Family Computerからの
和製Wizを重んじる守旧派。
Wizardry歴は32年目。

【Elminage】
PS2版#1からスタート。
最近えらい遅れ馳せながら、
Gothicの3DS版開始。

Myメインは魔族混血君主。
聖なる鎧が装備不可でも
ライフスティーラーと
ダーククリスタルで
イヴァグ尖塔を踏破。

【DragonQuest】
プレイ暦は#1~#9まで。
ただし#7と#8は未クリア。
派生作品はわかりません。

【Anime】
恋愛・日常ものが好きです。
CSないっす。
[年別私的Best]
2012:夏雪ランデブー
2013:ゆゆ式
2014:未確認で進行形
2015:四月は君の嘘
2016:プリンス・オブ・
 ストライド オルタナティブ
2017:月がきれい
2018:ポプテピピック(暫定)

【Trickstar】
2014年サービス終了。
スマートフォン版はスルー。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク